【2024年最新】相続した土地だけを放棄できる相続土地国庫帰属制度って何?メリット・デメリットを解説

相続した土地の管理に頭を悩ませているのは、不動産オーナーにとって共通の悩みですよね。

そんな悩みを解決できる方法があります。

今回は、相続土地国庫帰属制度についてご紹介します。

目次

相続土地国庫帰属制度とは

相続土地国庫帰属制度とは、相続した土地の一部または全部を国に帰属させることができる制度です。

この制度は、相続人が相続した土地を管理することに負担を感じる場合、特に遠隔地にある不動産の場合に有効です。

この制度を利用することで、不要な土地を手放し、相続に伴う税金や管理の負担を軽減することが可能になります。

業界用語の説明

相続土地国庫帰属制度: 相続した土地の一部または全部を国に帰属させることができる制度。相続に伴う税金や管理の負担を軽減する目的で利用される。

制度の概要

相続土地国庫帰属制度は、相続した土地のうち、使用する見込みがないものを国に帰属させることができる制度です。

この制度を利用することで、相続税の負担や、土地の維持管理に関する費用や手間を省くことが可能です。

特に全国に不動産を持つ方々にとっては、遠隔地の土地管理の問題を解決する一つの手段となります。

制度の適用条件

この制度を利用するためには、いくつかの条件を満たす必要があります。

まず、相続した土地がある程度の広さや価値を持っていることが求められます。

また、その土地には特定の用途や計画がないこと、他の相続人全員の同意が必要となります。

これらの条件を満たすことで、相続土地国庫帰属制度の利用が可能となります。

相続土地国庫帰属制度のメリット

相続税の軽減

相続土地国庫帰属制度を利用することで、相続税の負担を大幅に軽減できます。

国に土地を帰属させることにより、その土地の価値が相続税の計算から除外されるため、相続税の額が減少します。

これは特に、多くの不動産を持つ方にとって大きなメリットとなります。

管理の手間とコスト削減

全国に土地を所有している場合、その維持管理には相当な手間とコストがかかります。

この制度を利用することで、使用していない土地の維持管理にかかる費用や労力を省くことができます。

これにより、不動産オーナーはより効率的に資産を管理し、安定した収入を得ることが可能となります。

相続土地国庫帰属制度のデメリット

土地の永久的な失失

相続土地国庫帰属制度を利用すると、その土地を国に永久に帰属させることになります。

これは、将来的にその土地の価値が上がった場合でも、それらの利益を享受することができません。

不動産オーナーにとっては、長期的な資産価値の観点から見ると大きな損失となる可能性があります。

相続人の同意が必要

この制度を利用するためには、相続人全員の同意が必要です。

相続人が多い場合や、家族間で意見の対立がある場合には、同意を得るのが困難になることがあります。

これは、手続きを進める上での大きな障害となり得ます。

代替資産の不足

土地を国庫帰属させることで、その土地に依存していた収入や利用価値を失います。

特に不動産収入に依存している方にとっては、代替となる資産や収入源を見つける必要があります。

これは、特に短期的な観点から見ると、収入の減少や生活スタイルの変更を余儀なくされる可能性があります。

相続土地国庫帰属制度を利用する際の注意点

申請の手順

相続土地国庫帰属制度を利用する際には、正確な申請手順を守ることが重要です。

まずは、相続土地の評価額や所在地などの基本情報を収集し、適用条件を確認します。

その後、必要な書類を準備し、関連する機関に提出する必要があります。手続きは複雑であり、間違いがないよう慎重に進めることが求められます。

専門家の活用

相続土地国庫帰属制度の利用には専門知識が必要です。

税理士や不動産専門の弁護士などの専門家に相談することを強く推奨します。

これにより、手続きの正確性を高め、不測の事態や損失を防ぐことができます。

特に相続税の計算や法的な手続きにおいて、専門家のアドバイスは非常に価値があります。

長期的な視点での検討

相続土地国庫帰属制度は、短期的な利益だけでなく、長期的な視点での検討が必要です。

将来的な土地価値の上昇や、家族の意向、相続計画との兼ね合いなど、多角的な視点から慎重に判断することが求められます。

この制度を利用する前に、自身の資産計画やライフスタイルに与える影響を十分に考慮することが重要です。

まとめ

相続土地国庫帰属制度は、適切に活用すれば不動産オーナーにとって大きなメリットをもたらす可能性があります。

しかし、この制度は複雑であり、正しい知識と手続きが必要です。

相続や登記に関する問題をクリアにして、安定した不動産収入を得るためには、専門家のアドバイスを積極的に求めることが重要です。

不動産オーナーとして、相続における様々な選択肢を理解し、賢明な判断を下すことが求められます。

相続した土地についてお悩みの方は、弊社「株式会社RISEリアルティ」までお問い合わせください。お客様に応じた相談が可能です。

あわせて読みたい
株式会社RISEリアルティ 株式会社RISEリアルティは、東京都・神奈川県を中心に宅地分譲、中古戸建・マンション買取事業、賃貸仲介、賃貸管理事業など不動産とその活用に関するソリューションを...

不動産に関する

あらゆる悩み

RiSEで解決!

この記事を書いた人

RISEグループでは、東京都・神奈川県を中心に賃貸、建築、設計、土木、外構、舗装、リフォーム、解体、相続、遺品整理など様々な業務を行っています。
お問い合わせやご相談は無料で行っていますので、お気軽にお問い合わせフォームからご連絡をお願いいたします。

目次