【これでわかる!】遺留分って何?遺言書の内容に納得がいかない場合どうしたら良いかを解説!

遺言書の内容に納得がいかない場合って困りますよね。

そんな時、遺留分についての正しい知識を持っていると安心です。

今回は遺留分について詳しく解説し、遺言書の内容に納得がいかない場合の対処方法をご紹介します。

目次

遺留分とは何か?

遺留分とは、法定相続人が最低限受け取ることが保証されている遺産の割合です。

日本の民法では、相続人の権利を保護するために遺留分が定められています。 例えば、子供がいる場合、全財産の1/2が遺留分として保証されます。

遺留分は、法定相続人の生活を守るために存在します。

これは、遺言書によって全財産を特定の相続人や第三者に譲渡することを防ぐための措置です。

遺留分があることで、法定相続人は遺産の一部を確実に受け取ることができます。

業界用語の説明
  • 遺留分: 法定相続人が最低限受け取ることが保証されている遺産の割合
  • 減殺請求: 遺留分を確保するために、遺言によって譲渡された遺産の一部を取り戻す手続き

遺言書の内容に納得がいかない場合の対処方法

遺言書の内容に納得がいかない場合、法定相続人は遺留分減殺請求を行う権利があります。

遺留分減殺請求は、遺言によって遺留分が侵害されている場合に、その侵害部分を取り戻すための手続きです。

例えば、遺言書に全財産を第三者に譲渡する旨が記載されている場合、法定相続人は遺留分を確保するために減殺請求を行います。

この請求が認められると、遺留分に相当する遺産を取り戻すことができます。

遺留分減殺請求の手続きは、法定相続人が遺留分を確保するために非常に重要です。

しかし、請求を行うためには、いくつかの条件を満たす必要があります。

業界用語の説明
  • 法定相続人: 法律で定められた相続人(例:配偶者、子供)
  • 遺留分減殺請求: 遺留分を確保するために、遺言によって譲渡された遺産の一部を取り戻す手続き

遺留分減殺請求の手続き

遺留分減殺請求を行うためには、いくつかの重要なステップがあります。

  1. 遺言書の開示 遺言書は、相続開始後に開示されます。 遺言書の内容を確認し、遺留分が侵害されているかどうかを判断します。
  2. 減殺請求の意思表示 遺留分が侵害されている場合、相続人は減殺請求の意思表示を行います。 これは、遺言書が開示されてから1年以内に行う必要があります。 意思表示は書面で行うことが一般的です。
  3. 交渉または調停 減殺請求の意思表示を行った後、他の相続人や遺言受益者と交渉を行います。 交渉が難航する場合は、家庭裁判所で調停を行うこともあります。
  4. 遺産の分割 減殺請求が認められた場合、遺留分に相当する遺産を分割します。 この分割は、公平かつ適正に行われる必要があります。
業界用語の説明
  • 遺言受益者: 遺言によって遺産を受け取る権利がある人

不動産に関する

あらゆる悩み

RiSEで解決!

この記事を書いた人

RISEグループでは、東京都・神奈川県を中心に賃貸、建築、設計、土木、外構、舗装、リフォーム、解体、相続、遺品整理など様々な業務を行っています。
お問い合わせやご相談は無料で行っていますので、お気軽にお問い合わせフォームからご連絡をお願いいたします。

目次